年金が払えない・・・仕方なく保険を解約して

私が失業中の時に、国民年金の支払い免除申請をしていたのですが、それの更新を忘れていたらしく、半年後くらいに、2か月分の未納の連絡と、支払い用紙が届きました。

私はその時にはすでに就職をしていましたが、支払う余裕がなく、とりあえず2年間の猶予があるので、支払いを先延ばしにしていました。

猶予期間が近づいてきた頃、また失業しました。
そこで年金が払えなくなると思いました。

そこでいろいろと考えた末に、死亡保険を解約することにしました。死亡保険を解約すれば、そのお金を国民年金の支払いに充てることができます。

ぎりぎりでしたが、それでなんとか支払いを間に合わせました。支払い直後に、また国民年金の催促の文書が届きました。

国民年金も税金の一種と考えれば、支払うのは国民の義務だと言えます。しかし、生活ができなくなっても、会社が倒産しても、真っ先に払うのは税金です。払えなければ、財産を差し押さえられてしまいます。

差し押さえられる財産も無いのですが、時々このような制度が非常に残酷に思えてしまうのは私だけでしょうか。

あと、結婚してから、そして子どもが生まれてからは何かと出費が激しくて色々と貯金をしたいと思っていてもなかなかできずにいます。

たとえば、私が妊娠中、重症悪阻という悪阻のひどいバージョンで入院したとき、さらに新築の一戸建ての固定資産税が15万ほどかかると同時に、2か月入院したので、1か月が9万と考えると18万円かかりましたので、その時はとってもお金に困りました。

また、主人の社会保険に今は入っているのですが、自分で年金や保険も支払っていましたので、それらの支払いなどもしなくてはいけませんでしたので、その時は本当に困りました。

うちの主人は、かなり家計を節約し、食費なども抑えるため、スーパーなどの見切り品などを中心に購入していたようです。

私が退院してからもしばらくはお金が赤字だったので、本当に困りました。

色々と欲しいものがあったり、しんどいので外食をしたかったけれど、そういったこともあまりできず、カツカツの生活をしていたのを覚えています。

そしてここだけの話、カードローンもこっそりと使ってました。もちろん女性限定のキャッシングサービスを使って。ちゃんと返したし、最初は無金利で借りることができたから拍子抜けでした。

カテゴリー: 年金がつらい | コメントする

大学時代から貧乏~金欠エピソードその1~

実際にお金がなかった人にインタビュー!リアルなエピソードは参考になると思います。

■金欠の大学時代

私の通っていた大学は昔から学費が比較的安いことで有名で、中にはかなり苦しい生活をしている友達もいた。別荘があったり、誕生日は毎年家族で海外旅行に行くというセレブな友達もいたが、私も含め、多くの学生はあまり裕福でなかった。もちろん、それなりの仕送りをもらっていても遊びすぎて使い切ってしまい、お金がなくなってしまうこともある。

そんなときは誰かが助けてくれた。私も食費が足らなくて困っている友達に実家から送られてきた米をあげたことがあるし、夜遅く、突然友達から電話があり、お金がなくて最近肉を食べていないといわれ、冷蔵庫にあったありあわせの肉と野菜でご飯を作ってご馳走してあげたこともある。

ある先輩は親が仕送りできないからと言って実家で作っている商品を宅急便で送ってこられたことがあった。みんなはそれを定価で買ってお金に換えていた。自分もお金のないときはずいぶん助けてもらった。そうして誰も恩に着せたり、遠慮するものもなく、なんとなく自然にみんなで助け合っていたように思う。

今はみんな社会人として働いて10年以上たち、事務所を構えたり、家を建てたり、子どもができたり、それなりに安定して暮らしている。でもそれがうまくいくのは、若いときにちょっと苦労してここまで使ったらヤバイからこのくらいは残しておこう、またはここまでは使っても大丈夫だろうという、まさに金銭「感覚」を鍛える修行をする機会に恵まれたからではないかと思っている。
学生時代のあの雰囲気がちょっと懐かしい気さえする。

■苦肉のコンビニ掛け持ち

僕は以前、コンビニのバイトを掛け持ちしていました。週6の夜勤で月に換算すると、25万ほどでした。そんな生活を半年ほど続けましたが、さすがに夜型生活と接客によるストレス、軽作業の日々に嫌気がさし、片方のコンビニを辞めてしまいました。

収入源はマイナス10万となり、支出の感覚がガラリと変わりました。借金だけは絶対にしたくないと思っていたため、はじめはただ勢いで辞めた片方のコンビニに対して少しだけ「マズイ事をした。」と後悔しました。とはいえ週4日が休日になり、辞めてからの1,2週間はまさに天国でした。

ストレスも緩和され、精神バランスも安定し、前向きでほのぼのした日々を過ごしていました。月の半分くらいに差し掛かってくると、そろそろ違う仕事を始めないと経済的にヤバくなると思い、求人雑誌をひたすら手に取り、気になるバイトに電話を掛けまくりました。

しかし、面接までにはこぎつけたものの、見事に採用されず、そのまま2ヶ月があっという間に過ぎて行きました。そして生まれて始めて「キャッシング」という、自分の中ではタブーなものに手を出してしまいました。そうしてギリギリの生活をしながらも何だかんだ言って週4の休日は魅力的ですので、だんだんとバイトを探す意欲もなくなっていきました。

「このままではマズい」という感覚は常にあったものの、何か違うカタチでお金を稼げないか?と思い閃いたのがインターネットを通じた在宅ワークでした。インターネットビジネスを始めるまではキャッシングで膨らんだ金額が10万は超えていましたので、本気で在宅ワークに取り組みました。

一日10時間以上パソコンと向き合っていました。今現在では、無事に借金とはオサラバ生活を満喫しています。

■債務整理が救ってくれた

私は社会人10年目になりようやくお金に対してまっすぐに向き合おうと思い日々生活しているのですが、当時就職したての自分は、稼いだお金で、自由に使えることの喜びから、ギャンブルに手を出し、初めた一か月であっという間に給料の2倍程稼いでしまい、うまみをしってしまったのがどん底の始まりでした。

その後というのも、毎月毎月給料日が来ると、ギャンブルをし、負けてしまうと給料日まで貧乏生活というような生活を送っていたのですが、ある日、インターネットで消費者金融というサービスを知り、安易な気持ちで契約をしてしまい、たったの2か月間で限度額いっぱいまでお金を使ってしまいました。

給料が入ると借金返済し、ギャンブルをする・・・この生活を5年以上続け、消費者金融も3社契約し全て限度額はいっぱいになってしまいました。とうとう、借金返済も毎月10万を超えてきてしまい、家族や友達からも借金し、一時は自殺もしようかと考えました。

そんなある日、私は電車内の中吊り広告にある「債務整理」に目が止まりました。そして、藁をもつかむ思いで法律事務所に行き、債務整理を申込ました。即決です。それ以来、毎月、何にお金が使われているかというのを、常に意識するようになり、3年半でようやく完済。

世界が明るく感じた瞬間でした。本当に頑張って生きててよかったと感じれた瞬間でした。今は、ブラックですが、日々の生活費が滞納しないことはもちろんのこと、貯金も出来てきました。今はクレジットカードを持てることが小さな目標です(笑)

カテゴリー: 金欠エピソード | コメントする

闇金とブラックの怖さ

闇金業者の金利は基本的にかなり高いとされており、法律に違反しているくらいの数字になる傾向にあります。

その数字はパーセント表記がされていることは滅多になく、トイチやトニといった名前で話をされることの方が圧倒的です。これは10日間で1割の金利になるという話であり、18%金利を遥かに超えるような数字となります。

10日間で10%の金利と考えればわかりやすいですし、トニであれば10日間で20%です。これは明らかに違法と言えることなのですが、闇金業者は登録している業者ではないため、勝手に貸しても大丈夫な状態になっているのです。従って闇金業者は滅茶苦茶な金利で商売をすることが可能となり、どんどん借りている人を追い詰めることとなります。

このような文字で金利を出していることが多く、それに気付かないまま借りてしまったことで破産まで追い込まれるような状態になります。馬鹿正直に支払うことは無いのですが、利用すると大変なこととなってしまうのです。

闇金業者の中には、色々な方法で利用して貰うための方法を考えています。その1つとして利用されているのが紹介屋の存在です。基本的に紹介屋が狙うのは、まだ一般の方法で借りることが出来る場合であり、既にブラック状態で借りられない状態の方を狙うことはまずありません。

このような状態になっている人に、ブラック状態になるから非常に危ないと話を持ちかけるようになります。そしていい会社があるからこちらを利用してみないかと誘いかけて、闇金融を利用させようとしているのです。基本的に名前の知らない業者を教えてしまうのですが、こうした紹介屋の手口によって、騙されて闇金を利用することもあるのです。

このような紹介屋というのが非常に厄介なもので、稀に一般の金融から借りさせ、返済が難しくなった所で闇金を紹介する場合もあります。どちらにしろかなり厄介な存在であることは間違いなく、このような手口で狙ってくる方は無視した方がいいことも多いです。

カテゴリー: 闇金など | コメントする

信用情報機関やいわゆるブラックついて

信用情報機関は信用情報を管理している会社のことであり、キャッシングを利用する場合はここの情報を確認して、審査が行われることとなります。当然信用情報機関に書かれている情報は正しいものなので、この情報がおかしいというのはあり得ないことです。内容によっては審査に落とされることとなります。

信用情報機関は色々な情報を記載しており、何時お金を借りているとか、返済のペースはこれくらいという情報が残っています。中には遅延を行ったことや、債務整理によって減額をしているといったことも書かれるため、これらの情報が残っている場合は審査を通過できないことの方が多くなってしまいます。

この情報を個人で見ることも可能ですが、基本的にキャッシングやカードローンの会社が確認することとなります。またカードローンとキャッシングの信用情報機関は異なることもありますが、相互の協力関係にあって情報は共有されているため、情報の漏れはありません。

信用情報機関等の情報によって、明らかに借りられないと判断された場合はブラックリストに載ることとなります。このブラックリストに掲載された時点で、その会社の審査は通過することができず、申込みをしても即座に落とされることとなります。ブラックリストに載る条件は、色々な要素が関わってくることとなります。

審査を通過できないのに申込みを継続して、明らかに会社に迷惑を掛けるとブラックリストに載ってしまうこととなります。このような状態を作り出さないことが重要であり、間違って何度も申込みをすると審査に落とされて苦労することとなります。他には遅延行為を繰り返したり、会社に対して迷惑を掛ける行為を継続した場合が対象となります。

ブラックリストは他の会社にも渡されることがあり、場合によっては全ての会社で利用不可能という状態を生み出してしまいます。とにかく問題となる状態なので、なるべくブラックリストに掲載されることが無いよう気をつけてください。

カテゴリー: 信用情報機関 | コメントする

WEB完結キャッシングは一過性の流行りではない

WEB完結型とされているキャッシングがここ最近増加するようになりました。基本的にネット上で全てを完結させることが主体となっており、それ以外の方法によって連絡を行ったり、確認作業をすることはありません。この場合は電話連絡という部分が免除されることとなり、電話による確認は一切なくなることとなります。

本来のキャッシングであれば、当然のように電話連絡による確認が行われます。そして電話による確認が取れないままだと、借りることは一切できない状態となってしまうのです。しかしWEB完結型と呼ばれる方法を採用することによって、電話確認をしないままキャッシングの利用が可能となります。

また審査結果についてはメールによる連絡になるため、自宅に電話が入って困るということがありません。色々とメリットを持っている方法なので、WEB完結型を利用した方が楽に利用できる場合もあります。対応している会社は一部しか無いため、対応している所を利用することになります。

WEB完結型で提供しているのがモビットの特徴であり、一部の講座を持っている方に対して利用出来るキャッシングを提供しています。モビットが提携しているとされている会社の講座を持っていることが大前提となるため、その口座が無ければ利用することはできません。そして持っている場合は専門の申込みフォームを利用することとなります。

後は通常の申し込みと同じように審査が行われるようになりますが、電話による確認は一切ないため、審査結果がメールで届くだけとなります。そして利用出来ることが分かった場合、即日融資を希望する場合はその口座に振り込みが行われます、郵送物が送られてくることは無いため、カードを発行して利用出来るようにする必要もあります。

この方法を提供しているのはWEB完結型のモビット位であり、非常に使いやすい方法として知られています。対応している口座は有名な銀行となっているので、基本的に使える口座が無くて困ってしまうことはありません。

カテゴリー: WEB完結型キャッシング | コメントする

典型的ダメンズと付き合った最悪な思い出

結婚前、典型的なダメンズと付き合っていた私。

2つ年下の彼はバイトに行く以外は家にひきこもり、AD志望で勉強のためと称して日々録りためたビデオを延々見続け、飽きるとゲームに勤しんでいました。そのうちバイトをクビになってからは完全に私のヒモ状態。

もちろん家賃、食費は当たり前、光熱費やその他雑費まで私の少ない給料でまかなっていました。果ては彼の健康保険料まで払っていました…。バカですね。

都内のそこそこのマンションに住んでいたため家賃も決して安くなく、私の給料では足りませんでした。そのうち少ない貯蓄も底をついて、ついにキャッシングに手を出しました。特に審査も必要なく、ATMで簡単に借りれてしまったんですね。ということは利息が高いということです。

収入が増えるわけでもないのですから当然、雪だるま式に残高は増えていきました。

「彼が働き出してくれさえすればすぐに返せる」

そう思って深刻に考えていなかったのですが一度ラクを覚えた男がそう簡単に動くわけがなかったのです。結局借金は減らないまま私たちの関係が悪化してどうにもならなくなりました。

この男はダメだ。そうやっと気付いたときには、もう自分の力では処理できないところまできていました。

仕方なく、私は親に頼りました。事情をすべて話し、家まで来てもらったのです。彼に家を出ていくよう話をつけ、今までの借金はすべて私の親が一括で返済してくれました。ありがたくて情けなくて、涙が出ました。

そんな過去を持つ私も今は2児の親。いつか子供が過ちを犯しても、大きな心で受け止められるよう精進中です。

カテゴリー: ダメンズと付き合って | コメントする