信用情報機関やいわゆるブラックついて

信用情報機関は信用情報を管理している会社のことであり、キャッシングを利用する場合はここの情報を確認して、審査が行われることとなります。当然信用情報機関に書かれている情報は正しいものなので、この情報がおかしいというのはあり得ないことです。内容によっては審査に落とされることとなります。

信用情報機関は色々な情報を記載しており、何時お金を借りているとか、返済のペースはこれくらいという情報が残っています。中には遅延を行ったことや、債務整理によって減額をしているといったことも書かれるため、これらの情報が残っている場合は審査を通過できないことの方が多くなってしまいます。

この情報を個人で見ることも可能ですが、基本的にキャッシングやカードローンの会社が確認することとなります。またカードローンとキャッシングの信用情報機関は異なることもありますが、相互の協力関係にあって情報は共有されているため、情報の漏れはありません。

信用情報機関等の情報によって、明らかに借りられないと判断された場合はブラックリストに載ることとなります。このブラックリストに掲載された時点で、その会社の審査は通過することができず、申込みをしても即座に落とされることとなります。ブラックリストに載る条件は、色々な要素が関わってくることとなります。

審査を通過できないのに申込みを継続して、明らかに会社に迷惑を掛けるとブラックリストに載ってしまうこととなります。このような状態を作り出さないことが重要であり、間違って何度も申込みをすると審査に落とされて苦労することとなります。他には遅延行為を繰り返したり、会社に対して迷惑を掛ける行為を継続した場合が対象となります。

ブラックリストは他の会社にも渡されることがあり、場合によっては全ての会社で利用不可能という状態を生み出してしまいます。とにかく問題となる状態なので、なるべくブラックリストに掲載されることが無いよう気をつけてください。

カテゴリー: 信用情報機関 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>